手紙の頭語と結語

頭語と結語のマナー

頭語と結語の組み合わせ例を紹介しています。返信の場合、改まった場合、前文を省略する場合の頭語と結語の組み合わせを掲載しています。


頭語と結語は対応している必要があります。異なる組み合わせではマナー違反になるだけでなく、相手に不快感を招くことがありますので注意してください。頭語と結語はあて先と文書の内容によって変わってきます。

往信の頭語と結語の組み合わせ

こちらから手紙を出すことを往信といいます。

往信 頭語 結語
一般の場合 拝啓、拝呈、拝進、啓上、啓白 敬具、拝具、敬白
改まった場合 謹啓、謹呈、恭啓、粛啓、敬上 謹白、謹言、再拝、敬白、敬具

返信の頭語と結語の組み合わせ

いただいた手紙に返事を出すことを返信といいます。

返信 頭語 結語
一般の場合 拝復、復啓、拝答 敬具、敬答
改まった場合 拝答、敬復、謹答 拝具、敬白、敬具、謹酬

前文省略、急用の頭語と結語の組み合わせ

略式の手紙や急用の手紙では前文を省略することがあります。

  頭語 結語
略式の場合 前略、冠省、拝略、略啓 草々、早々、不一、不備、不尽
急用の場合 急啓、急呈、急白 不一、草々、怱々、以上


SNS

Related posts