接待の準備

接待のビジネスマナー

接待を行うと決まったら、準備を念入りに行う必要があります。相手の方に好みにあったものでないとビジネスにマイナスの影響を与えてしまいます。接待のセッティングについて紹介しています。


接待のセッティング

時期や規模、顔ぶれは上司の指示を待ちましょう。決して自分から接待を提案するものではありません。

接待担当者の選び方

接待を行う方は、相手様よりも下の役職の方を出してはいけません。同等、または上の役職が接待をするのが一般的です。

接待の日時と場所

日時と場所の候補を上司に提出し、選択してもらいましょう。もちろん、予約などを上司にやらせてはいけません。率先して予約まで行いましょう。

接待の案内

地図を添えて、日時と場所、参加者の名簿を相手方と自社側の人に連絡しましょう。特に重要な接待の場合には、案内状を出す場合もあります。

接待前日と当日のマナー

前日には、接待する顧客側とお店の方に確認の電話を入れておくのがよいでしょう。当日は、自社側の人間が全員先に到着し、下座でお待ちするのがマナーです。帰宅時にはタクシーの手配をする必要もあります。代金やチケットは封筒に入れて渡します。



SNS

Related posts