通夜の服装とお悔やみの言葉

お葬式の服装

お葬式のマナーを紹介しています。通夜や葬儀、告別式に参加する際にお役だてください。通夜に行かれる際に相応しい服装、お悔やみの言葉についても紹介しています。


お通夜に参列する際の服装

通夜の服装としては、男性は黒主体の地味なスーツに黒のネクタイという服装がよいと思います。女性は平服でかまいませんが、アクセサリーをはずして出席されるのがよろしいのではないでしょうか。

お悔やみの言葉

「さぞ、お力落としのことと思いますが、どうかお体にさわりませんように。」

闘病生活が長い場合は、「ご看病がかなうと信じており、まことに残念です。」

老衰の場合は、「穏やかな最後だと聞き、少し救われた思いです。」

交通事故の場合は、「あまりに突然のことで、何と申し上げてよいか。まだ信じられないような気持ちです。」



SNS

Related posts