飲み会、宴会のマナー

お酒のマナー

社会人になると社内のコミュニケーション、取引先との円滑な取引のために宴会や飲み会などのお酒の席が設けられます。飲み会や宴会の席で失敗しないように役立つビジネスマナーを紹介しています。


酒席のマナー

上着のポケットなど取り出しやすい所に名刺を用意しておきましょう。上着の表のポケットよりも内側のポケットに準備しておいた方がよいでしょう。

  • 上司や先輩から飲食に誘われたら、無理のない範囲で快くつきあいましょう。
  • 食事や飲み物が全員にいきわたっているか配慮しましょう。
  • 話題づくり、雰囲気づくりに心掛けましょう。
  • お酒の飲めない方に無理強いは禁止です。アルハラはマナー違反。
  • 飲めない方もお酌にはにこやかに形式的に口をつけるくらいはしましょう。
  • 男女に関わらずお酌をしましょう。必ず役職順を守りましょう。
  • 上司のお酌には快く「ありがとうございます。いただきます。」とお礼の一言をつけましょう。
  • 勘定は割り勘が基本。ご馳走になったら次回払うなど、対等な関係にしましょう。
  • 別れ際の挨拶、翌日の会社での挨拶も忘れずにしましょう。

飲み会のマナー違反

  • 直前でのキャンセルは禁止です。
  • 幹事や参加者を不快にしますので、重要な場合を除きNGです。

  • 無礼講を真にうけるのはNGです。
  • 上司の無礼講は悪までも気遣いです。悪ふざけや悪酔いは避けましょう。

  • 雰囲気を壊す会話は避けましょう。
  • 愚痴、悪口、後輩への説教は禁止です。また下ネタもNGです。

  • 深酒もさけましょう。
  • 翌日に響くような飲み方をしては社会人失格です。

飲食の機会が社会人になると大幅に増えると思います。職場を離れたコミュニケーションは親密な関係、率直な意見を交し合える大切なものです。しかし、お酒が入ると仕事を忘れがち!敬語や真摯な態度を忘れてはいけません。



SNS

Related posts