アルバイトの面接対策

アルバイト面接

アルバイトの面接を受ける方に役立つ面接のマナーを紹介しています。就職とはやや異なり最低限のことが要求されます。アルバイトの面接では緊張されると思いますが、面接対策をしっかり確認してからのぞんでください。


アルバイトの面接で重要なことは?と聞かれれば間違いなく、採用担当の方に気に入ってもらうことです。気に入ってもらうことを考えることがそのまま面接対策になります。

服装、髪型など身だしなみには注意しましょう。

アルバイトの面接では基本的には私服を着ていくことが多いと思われます。高校生などは制服を着ますが、以外の人では、華美でなく清潔感を重視した服装でのぞみましょう。 髪型も女性ならばゴムでまとめる。男性ならば短髪で清潔な状態です。バッグ、コート、帽子などは必ず脱いで脇に持っておきましょう。携帯電話の電源を切っておくことも忘れてはいけません。マナーモードではなく、確実に電源を切りましょう。

面接時の入退室にも注意しましょう。

面接先に着いた時から面接は始まっています。従業員やアルバイトの方に挨拶し、バイトの面接に来たことを伝えます。担当者に会えばもちろん挨拶をしましょう。部屋に通された時には、必ず「失礼します」と声をだし、椅子を勧められた時にも「失礼します」とお礼をのべましょう。

面接での話し方

面接では相手の話を聞いていますという印象を与えるためにも、必ず相手の目を見て話すようにしましょう。気に入られるためにはオーバーなリアクションも必要です。相手の話には大きくうなずき、笑顔全快で対応するのがベストです。ボソボソと話すのではなく、面接していただく相手に、はっきりと聞こえるように話ます。簡単な質問があると思いますが、基本的には履歴書に書かれていることを基に進みます。志望動機などは必ず聞かれますので確認しておきましょう。



SNS

Related posts