名刺交換のビジネスマナー

名刺交換ビジネスマナー

社会人に欠かせないビジネスマナーとして名刺交換のマナーを紹介しています。名刺交換とはビジネスマナーの基本的なものです。名刺交換の作法について掲載していますので、相手の名刺を貰う前、貰った後までしっかりと確認してください。


名刺交換のビジネスマナー

上着のポケットなど取り出しやすい所に名刺を用意しておきましょう。上着の表のポケットよりも内側のポケットに準備しておいた方がよいでしょう。

相手の正面にたち、胸の位置に名刺を両手で差し出す。テーブル等がある場合は相手のところまで回り込んで出す必要があります。

名刺交換は役職の上の者から済ませるのがマナーです。上司が同席している場合は上司に続きましょう。

名刺を出すのは下の者から出すのがビジネスマナー。相手から先に出された場合は、「申し遅れました。」とつけましょう。

名刺を相手向きに両手で出しながら、社名、部署名、フルネームを名乗りましょう。

相手が同時に名刺を差し出してきた場合は、自分の名刺を右手で持ち左手を添え、名刺を渡しながら左手を移し相手の名刺を受け取る。相手がこちらの名刺を受け取ったら、右手を相手の名刺側に移動し、両手でうけとる。

「頂戴いたします。〇〇様ですね」読みがわからない時は素直に聞きましょう。相手の名前を呼ぶことも多々あるなか、そこで名前を呼べないことの方が恥ずかしいことです。

いただいた名刺は丁寧に扱いましょう。また名前を覚えた後や、名刺が汚れそうな時は名刺入れになおしておくのもよいでしょう。

名刺交換のビジネスマナー

相手先の方と複数枚にわたり名刺交換した場合は、相手の座席位置に合わせて名刺を机に並べましょう。名前を間違えるミスをなくすことができます。その際は、相手先のトップの方を名刺入れの上に置くなどの気配りを見せるとよいでしょう。



SNS

Related posts