言葉遣いのビジネスマナー

ビジネスの言葉遣い

正しい言葉づかいのマナーについて紹介しています。尊敬語・謙譲語・丁寧語を正しく使うことは大切なビジネスマナーです。ビジネスで使う言葉の慣用句についても紹介しています。


尊敬語とは、相手の行為や状態に用い、敬って言い表す言葉です。

社長が見る→社長がご覧になります(尊敬語)

謙譲語とは自分の行為や状態に用い、へりくだって相手への敬意を示す言葉です。

私が見る→私が拝見します(謙譲語)

丁寧語とは「です」「ます」「ございます」を付ける。「お」「ご」を用いる。

お電話でございます。

丁寧語の使い方

  • わたし→わたくし
  • わたしたち→わたくしども
  • 誰→どなた様
  • あの人→あちら様
  • これ→こちら
  • さっき→先ほど
  • あとで→のちほど
  • 少し→少々
  • どうしますか→いかがなさいますか
  • すみませんが→恐れ入りますが
  • いいですか→よろしいでしょうか

ビジネスの慣用句

  • 少々お待ちください
  • お待たせいたしました
  • かしこまりました
  • 恐縮ですが
  • お手数ですが
  • 申し訳ございません
  • 席をはずしております
  • 頂戴いたします


SNS

Related posts