ビジネスメールのマナー

メールのビジネスマナー

ビジネスにメールは欠かせません。ビジネスマナーとしてメールの使い方を紹介しています。メールの禁止事項についても詳しく掲載していますので参考にしてください。ビジネスマナーとしてメールのマナーを確認してください。


ビジネスにメールを取り入れたいと考えている方は、以下のことは最低限守る必要があります。メールを使う方に押さえていただきたいポイントです。

メールのマナー

  • メールの内容がわかる題名(タイトル)を入れる。
  • 文頭に○○様と宛名を入れる。
  • 文末には署名を入れる。
  • (・_・、) ←このようなアスキーアートや顔文字は入れない。
  • 一日に数回メールのチェックする。
  • 一行は30字程度にとどめ、適度な文字数で改行を入れる。
  • 丁寧な文書を心がける。「です、ます」調などの丁寧な表現。
  • 「>」引用マークを返信にはいれる。
  • 添付ファイルは送る前に相手の方に確認します。使用ソフトも確認しましょう。
  • サイズが大きい添付ファイルはファイル転送サービスを利用する。
  • 機種依存文字の使用は避けましょう。パソコンによっては文字化けしてしまいます。

電子メールの有効利用

  • 送受信の記録を残すのに役に立ちます。
  • 文章の手直しを求める時には、加工が行えるので便利です。
  • 同じ情報を複数の人で確認するときは便利です。
  • 相手のタイミングで読める。

メールの間違った利用

  • すぐに回答をもらいたい内容をメールで伝える。
  • 込み入った相談をメールで行う。
  • クレームや抗議をメールで行う。
  • Cc(カーボンコピー)は知り合いの中だけで使用しましょう。Bcc(ブラインドカーボンコピー)を使うとアドレスを伏せることができます。


SNS

Related posts