手紙の書き方

手紙の書き方

手紙のビジネスマナーとして、「日付、署名、宛名、追伸」の書き方を紹介しています。便箋で手紙を書かれる際に日付、署名、宛名は欠かせません。正しく身に付けておくと相手の方に喜ばれます。


手紙の書き方

  • 拝啓などの頭語は一行目に隙間無く書きましょう。
  • 〇〇の候→文章の書き出しは一字下げます。(○○の内容は時候の挨拶例文集)
  • さてこのたび→主文に入る時も一字下げます。
  • 弊社をご利用→改行したら一字下げます。
  • まずは略儀→末文も一字下げます。
  • 敬具→敬〇具〇のように一字ずつ空けて書きましょう。
手紙の書き方サンプル

結語のあとには、日付、署名、宛名を書く必要があります。署名と宛名、追伸の書き方はこちら



SNS

Related posts